野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム横尾、1か月ぶりの1軍昇格「チャンスで出たら本塁打を」

日本ハムの横尾俊建内野手が4日、約1か月ぶりに1軍出場選手登録された。イースタン・リーグ14試合で5本塁打を量産した次代の大砲候補は「チャンスで出たらホームランを打ちたい」と意気込んだ。

日本ハム・横尾俊建【写真:石川加奈子】
日本ハム・横尾俊建【写真:石川加奈子】

イースタン14戦で5本塁打と量産「ファームでは長打を打てるようにやってきた」

■日本ハム – ヤクルト(交流戦・4日・札幌ドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 日本ハムの横尾俊建内野手が4日、約1か月ぶりに1軍出場選手登録された。イースタン・リーグ14試合で5本塁打を量産した次代の大砲候補は「チャンスで出たらホームランを打ちたい」と意気込んだ。

 開幕1軍入りした今季は、28試合に出場して打率.203。期待された本塁打はなく、5月10日に2軍降格した。「空振りしたくなくて、打席の中で自分を自分で制約していたんです。今年1軍での空振り率は3?4%。去年は10数%でした。アナリストの方が教えてくれて、気付きました。(空振り率にこだわる)タイプじゃないと。ファームでは長打を打てるようにやってきました」と語る。

 イースタン・リーグでは5月14日に1号を放つと、14試合で5本塁打。特にここ7試合で4本塁打と開眼したかのように調子を上げている。「短い期間でホームランをこれだけ打てて、確実に成長できました。長打を狙ってもボールの見え方が違います。打てる球も分かりました。自分で頭の整理はできているので、ファームでやってきたことを出したいです。大事なところで1本打てるように頑張ります」。その吹っ切れた表情は今季1号がそう遠くないことを予感させた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」