野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人高木ヒヤリ? プロ野球記録ストップの危機も9回にチームが逆転

巨人の高木京介投手が4日、楽天戦(楽天生命パーク)の8回から3番手として救援し、0回2/3で1安打1失点。勝ち越しを許して12年のデビューから通算160試合目でプロ初黒星を喫する危機だったが、直後の9回にビヤヌエバの逆転2ランを放った。

巨人・高木京介【画像:(C)PLM】
巨人・高木京介【画像:(C)PLM】

9回のビヤヌエバ逆転2ランで高木は12年のデビューから通算160試合連続負けなしに

■楽天 – 巨人(交流戦・4日・楽天生命パーク)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 巨人の高木京介投手が4日、楽天戦(楽天生命パーク)の8回から3番手として救援し、0回2/3で1安打1失点。勝ち越しを許して12年のデビューから通算160試合目でプロ初黒星を喫する危機だったが、直後の9回にビヤヌエバの逆転2ランを放った。

 高木は1-1で迎えた8回から3番手として救援。先頭の茂木を二ゴロ、今江を空振り三振に仕留めた後だった。浅村にチェンジアップを痛打され、左越えへ勝ち越しソロを浴びた。

 このまま敗れれば、高木のデビューから連続登板機会無敗のプロ野球記録は「159」でストップするところだったが、9回無死一塁からビヤヌエバが左越え7号2ランを放った。連続登板機会無敗を「160」に伸ばした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」