野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、相手のバント失敗も判定覆り… 辻監督も困惑「なんて抗議したらいいんだ?」

西武は5日、本拠地での広島戦に1-9で敗れ、昨季のリーグ覇者同士の戦いは1勝1敗のタイとなった。先発の十亀は6回まで1失点に抑える好投も7回に崩れた。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

8回、広島曽根のバントは一度は失敗も判定覆り打ち直しに

■広島 9-1 西武(交流戦・5日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は5日、本拠地での広島戦に1-9で敗れ、昨季のリーグ覇者同士の戦いは1勝1敗のタイとなった。先発の十亀は6回まで1失点に抑える好投も7回に崩れた。

 6回まで広島打線を野間の二ゴロの間の1失点のみに抑えていた先発の十亀。しかし7回につかまり1死満塁のピンチを招き、田中を迎えたところで降板した。しかし後続の小川、森脇がそれぞれタイムリーを浴び3失点。さらに8回には4番手の齊藤大が田中に満塁弾を浴びるなど大量リードを許し、試合を決められた。

 辻監督は継投について「田中は今日(十亀に)合っていた。そういうところもあって、小川に代えたが難しい。行かせてあげたかったが、1点勝負だった」と悔やんだ。

 打線は広島先発・大瀬良の前に6回まで毎回走者を出しながらも好機を活かせず、得点は4回の外崎10号ソロのみ。指揮官は「チャンスで1本出なかった」と唇を噛んだ。

 また、8回には1死一塁から曽根がバントの構えを見せたが、齊藤大の1ボール1ストライクからの投球が曽根の手に当たった。曽根はバットを引いていなかったためスイングとみなされ、バント失敗で捕手の森が二塁に送球し、一塁走者は二塁で封殺となり、曽根が一塁に残る形となった。

 しかし、審判団の協議の末にボールデッドと判定が覆り、同カウントから打ち直しとなった。結局、曽根に代わって送られた代打の長野に四球を与え1死満塁とすると、続く田中に満塁弾を浴び試合を決定づけられた。

 この判定に辻監督も「間違いなく当たっている。判定が変わったけど、なんて抗議したらいいんだ?」と困惑。一方で、「追い込んでいたし、長野で(アウトを)取ればなんてことなかったのに」とピンチを広げた齊藤大に苦言を呈していた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」