野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、6連発含む9本の柵越え 2戦連発へ監督も期待「調子を取り戻し始めてる」

大谷翔平、6連発含む9本の柵越え 2戦連発へ監督も期待「調子を取り戻し始めてる」

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦(同午前11時7分開始)に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場する。2試合連続本塁打への期待がかかる中、ブラッド・オースマス監督は試合前に「彼は調子を取り戻し始めている」と、確かな手応えを示している。

試合前に打撃練習を行ったエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】
試合前に打撃練習を行ったエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】

「3番・DH」で2戦連続スタメン、試合のフリー打撃では33スイングで9本の柵越え

■エンゼルス – アスレチックス(日本時間6日・アナハイム)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦(同午前11時7分開始)に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場する。2試合連続本塁打への期待がかかる中、ブラッド・オースマス監督は試合前に「彼は調子を取り戻し始めている」と、確かな手応えを示している。

 大谷は4日(同5日)の同戦で、6回の第3打席にアスレチックス先発のモンタスの95.5マイル(約154キロ)のツーシームを捉え、バックスクリーン左へ飛び込む4号2ランをマーク。初回にも中前打を放ち、今季7度目のマルチ安打をマークした。

 一夜明けたこの日は、フリー打撃では33スイングで6連発を含む9本の柵越えと快音を連発。今季初の2試合連続ホームランに期待がかかる。

 オースマス監督は試合前の会見で、前日のホームランが大谷にとって次に繋がるステップになるかと聞かれ「ここ5日間くらいで本塁打を2本見られたことは良かった」と笑顔。大谷は5月31日(同1日)の敵地マリナーズ戦でもホームランを打っており、4試合で2本塁打をマークしている。

「もちろん試合の結果が最も重要だが、(2カード前の)オークランドの打撃練習から、明らかな違いが見られた。飛距離やスイングを見ても、彼が調子を取り戻し始めていることが分かった」

 大谷の状態は上向きだと指揮官は手応えを示す。2日連続の「ビッグフライ」が飛び出すか、注目が集まる。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」