韓国で“宇野ヘディング”超えの笑劇珍プレー MLB公式も注目「頭を使えって…」

KBOで“笑劇”の珍プレーが起こった(画像はスクリーンショット)
KBOで“笑劇”の珍プレーが起こった(画像はスクリーンショット)

遊撃手が飛球をヘディング→跳ね返ったボールを左翼手がキャッチしアウトに

 韓国プロ野球で“宇野ヘディング”を超える“笑劇キャッチ”が飛び出した。遊撃手が飛球をヘディングし跳ね返ったボールを左翼手が捕球する珍プレーをMLB「Cut4」公式インスタグラムが伝えている。

 世紀の珍プレーに認定されるかもしれない出来事が起きたのは5日に行われたKBOリーグ、ロッテジャイアンツ対ハンファ・イーグルスの一戦だった。

 同点で迎えた8回。1死走者なしの場面でハンファの打者は遊撃への飛球を打ち上げた。ロッテ遊撃手シン・ボンギは、背走しながら落下地点に到達しグラブを構えた。だが、ボールはグラブをかすめることなくボンギの頭に直撃。だが、跳ね返ったボールをカバーに入っていた左翼手が見事にキャッチしアウトを奪った。

 遊撃手のヘディングといえば日本では必ず珍プレーで登場する中日・宇野勝があまりにも有名。韓国で起こった“ヘディングキャッチ”は“宇野ヘディング”を超える笑劇の結末が待っていた。

「Cut4」公式インスタグラムは一部始終を動画で公開。まさかの珍プレーにファンも笑いが止まらないようだ。

「僕のコーチが言うところの『頭を使え』って、そういうことだったんだね」

「観客からの笑い声が気に入ったよ」

「これのお陰ですっかり気分が良くなったわ」

「バッターのリアクションが実に面白いね」

「痛っ」

「彼は遊撃手なんだ。ボールを取らなきゃね」

「“状況判断の良い”プレー」

 まさに“頭を使った”プレーでアウトを奪った内野手には「気に入った」「状況判断の良いプレー」など多くのコメントが寄せられた。笑劇の珍プレーは米国でも語り継がれるプレーになるかもしれない。

【動画】韓国プロ野球で起こった「宇野ヘディング」超えの“笑劇”珍プレー! MLB公式も注目した“仰天”プレーの一部始終

RECOMMEND

CATEGORY