野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、5発14安打9得点と打線爆発! 郭俊麟6回2失点で今季初勝利、広島カード負け越し

西武は6日、本拠地での広島戦を9-2で勝利し、交流戦の初戦カードを勝ち越した。山川の2打席連続アーチなどカープ投手陣に5本塁打を浴びせ大勝した。

24号2ランを放った西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
24号2ランを放った西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

山川が2打席連発、秋山、栗山、外崎がアーチ合戦で大勝

■西武 9-2 広島(交流戦・6日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は6日、本拠地での広島戦を9-2で勝利し、交流戦の初戦カードを勝ち越した。山川の2打席連続アーチなどカープ投手陣に5本塁打を浴びせ大勝した。

 2点を追う初回に秋山の11号先頭打者アーチ、森の犠飛ですぐさま同点に追いつくと、2回に金子侑の左前タイムリーで勝ち越しに成功。さらに3回には山川の24号2ラン、5回は山川の2打席連発となる25号ソロ、栗山の3号2ラン、6回には外崎の11号ソロでダメ押し。

 投げては今シーズン初登板初先発の郭俊麟が6回3安打2失点の好投で今季初勝利。広島は前回登板でプロ初勝利を挙げた山口が3回7安打5失点でプロ初黒星を喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」