野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹グラシアル、3戦連続ホームラン! 3戦計7打点に「チームの勝ちが一番」

ソフトバンクのグラシアル内野手が6日、本拠地での中日戦で3安打1本塁打4打点の活躍を見せて、チームの勝利に大きく貢献した。中日との3連戦で3試合連続本塁打を放つとともに、この3試合で7打点をマークした。

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】

好調の要因は「自分自身を信じること」

■ソフトバンク 6-4 中日(交流戦・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクのグラシアル内野手が6日、本拠地での中日戦で3安打1本塁打4打点の活躍を見せて、チームの勝利に大きく貢献した。中日との3連戦で3試合連続本塁打を放つとともに、この3試合で7打点をマークした。

 初回はヒットで出た今宮健太を一塁に置いてセンターへの先制2ラン。そして同点の8回には2死二、三塁からセンター前へ抜ける2点タイムリー。チームの6得点のうち4得点を叩き出した。

 8回は2人の走者がダブルスチールを決め、一塁が空いた状態で中日のロドリゲスと対戦。満塁策での敬遠も十分に考えられたが、フルカウントからの低めのストレートを振り抜いた。「相手ピッチャーの情報は少なかったけど、ベンチで(スコアラーの)情報を見たり、みんなで話したりして」と、しっかりと対応してみせた。

 3試合連続の本塁打にも「ホームランを打つことは、個人としての満足感や気持ちよさはもちろんあるよ。でも、チームが勝たないと意味がないし、チームの勝ちが一番。その意味では、この3試合はよかったね」と、フォア・ザ・チームの姿勢を貫く。

 工藤公康監督もグラシアルのまじめな姿勢に「頭が下がる」と敬意を示すが、グラシアル本人も好調の要因を「自分自身を信じること」だと語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」