野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・千賀、今季初打席で中前安打 工藤監督も驚きの表情、2年連続安打

ソフトバンクの千賀滉大投手が2年連続で安打を放った。7日、敵地マツダスタジアムで行われた広島戦。先発マウンドに上がった右腕は3回の第1打席で快音を響かせ、中前安打とした。

今季ここまで5勝をマークする広島床田から快音

■広島 – ソフトバンク(交流戦・7日・マツダスタジアム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの千賀滉大投手が2年連続で安打を放った。7日、敵地マツダスタジアムで行われた広島戦。先発マウンドに上がった右腕は3回の第1打席で快音を響かせ、中前安打とした。

 千賀が驚きの一打を放った。3回2死でこの日の第1打席に立った右腕。セ・リーグ2位の5勝をマークしている広島先発の床田が投じた1ボール1ストライクからの3球目を弾き返すと、打球は中前へと抜けていった。

 この日、ソフトバンク打線が初めて放った安打がこの千賀の一打。普段、打席に立つことはない右腕の安打に、ベンチの工藤公康監督も驚きの表情を浮かべた。右投げ左打ちの千賀は、昨季の交流戦でも安打を放っており、2年連続での安打となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」