3年48億でカブス加入のキンブレル ブランクに不安の声「7か月も…」

カブスとの契約合意が報じられたクレイグ・キンブレル【写真:Getty Images】
カブスとの契約合意が報じられたクレイグ・キンブレル【写真:Getty Images】

開幕から2か月経過して新天地がようやく決定

 昨オフにレッドソックスからFAとなり、シーズンが開幕しても去就が決まっていなかったメジャー通算333セーブの守護神クレイグ・キンブレル投手。このほど、カブスと3年総額4500万ドル(約48億7440万円)で契約に合意し、開幕から2か月が経過してようやく新天地が決まった。

 キンブレルはレッドソックスからのクオリファイングオファーを断っていたため、獲得球団はドラフト指名権を譲渡する必要があったため、去就決定が難航。全米ドラフトが終了し、契約が合意に達した。カブスに入団が決まり、ダルビッシュ有投手のチームメートになることとなった。

 シーズン最多セーブ4度、オールスター7度選出などの輝かしい実績を誇るメジャー屈指のクローザー。カブスにとっては大きな補強となるが、ただ、開幕から2か月が経過しており、その“ブランク”を不安視する声もある。米全国紙「USAトゥデー」も「カブスがついにクローザーの座にクレイグ・キンブレルを獲得。しかし、7カ月のブランクがある彼は、どれだけの腕前を見せられるだろうか?」と指摘している。

 キンブレルは通算333セーブを誇る右腕だが、最後の実戦登板は10月27日(日本時間28日)のワールドシリーズ・ドジャース戦。その後、FAとなりスプリングトレーニングにも参加していない。そのため、記事では「彼がメジャーの打者たちと対峙する準備は、7月になってようやく整うのかもしれない。スプリングトレーニングを丸々逃すなんて(通常なら)しないことだ。4月から6月中盤までプレーしないなんて」としている。

昨季開幕直後にカージナルスに加入したホランドが大苦戦した前例が…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY