野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ2連敗でストップ、土壇場9回に4得点で逆転勝ち 巨人は坂本勇が21号も…

ロッテは8日、敵地での巨人戦に6-5で勝利し、連敗を2で止めた。1点ビハインドで9回を迎えたが、一挙4得点。土壇場で試合をひっくり返した。巨人は救援陣が踏ん張れず逆転負けした。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

ロッテは9回に鈴木同点打&中村勝ち越し打、巨人は救援陣が踏ん張れず

■ロッテ 6-5 巨人(交流戦・8日・東京ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは8日、敵地での巨人戦に6-5で勝利し、連敗を2で止めた。1点ビハインドで9回を迎えたが、一挙4得点。土壇場で試合をひっくり返した。巨人は救援陣が踏ん張れず逆転負けした。

 先制したのは巨人だった。2回、1死から陽岱鋼がソロ弾。しかし、ロッテは巨人先発・山口から4回に鈴木が同点ソロを放つと、5回には清田がセンターへのタイムリー。勝ち越しに成功した。

 ところが、先発・土肥は5回に先頭の坂本勇に同点ソロを被弾。6回には東條が1死二、三塁のピンチを招くと、亀井はニゴロに仕留めるも三塁走者のビヤヌエバが好スタート。中村のバックホームは間に合わず、勝ち越しを許した。

 6回からは無安打に抑えられていたロッテだが、9回に先頭の代打・岡が二塁打。荻野の犠打で1死三塁とすると、鈴木がライトへタイムリー。抑えの中川を攻め、同点に追いついた。さらに、香月のヒットなどで2死一、二塁に。巨人は田原をマウンドに送るも、中村がセンターへ勝ち越しタイムリー。試合をひっくり返した。続く菅野もレフトへの2点タイムリーでダメ押し。その裏は益田が岡本に2ランを浴びたもののリードを守り、連敗を止めた。

 巨人は山口が6回2失点。坂本勇はリーグ2位のバティスタ(広島)に4本差をつける一発を放ち、7回は森福が3者凡退に抑えて史上14人目の通算150ホールドポイントに到達。しかし、最後に逆転され、3連勝はならなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」