野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武辻監督、3回途中KOの榎田にご立腹「話にならない。コントロールも悪く…」

西武が8日、DeNA戦(横浜)に3-7で敗れた。初回に中村のライト前タイムリーで2点を先制したが、先発の榎田が2回に井納と桑原のタイムリーなどで3点を奪われ逆転を許すと、3回には筒香のソロでさらに点差を広げられた。榎田は今季最短2回1/3で9安打4失点で2敗目。打線もDeNA先発・井納の前に繋がりを欠いた。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

榎田はDeNA先発の井納に同点打を献上 チーム6四球「負けるべくして負けた」

■DeNA 7-3 西武(交流戦・8日・横浜)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武が8日、DeNA戦(横浜)に3-7で敗れた。初回に中村のライト前タイムリーで2点を先制したが、先発の榎田が2回に井納と桑原のタイムリーなどで3点を奪われ逆転を許すと、3回には筒香のソロでさらに点差を広げられた。榎田は今季最短2回1/3で9安打4失点で2敗目。打線もDeNA先発・井納の前に繋がりを欠いた。

 辻監督は「話にならない。あの球威の投手がコントロールも悪く、球も高い」と、投球術がウリである左腕の投球内容にご立腹。さらに2番手の森脇も相手先発の井納に四球を与えて出塁を許し、8回には5番手のマーティンが3四球と大荒れでダメ押し点を献上した。指揮官は「投手に打たれたり、押し出したりしていれば勝てない。負けるべくして負けた」とおかんむりだった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」