鷹・工藤監督、2戦連続スタメン落ちのデスパイネに 「今日はちょっと難しかった」

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:藤浦一都】

試合前には左翼でのスタメン出場を明言していた工藤監督

■ソフトバンク 4-2 広島(交流戦・8日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が2試合連続でスタメンを外れた。8回に代打で登場したが空振り三振に倒れた。試合前にはスタメン出場を明言していた工藤監督は「今日はちょっと難しかった。(右肘)そこもあるみたいですね」とベンチスタートとなった理由を明かした。

 前日の同戦では今季初めてスタメンを外れたデスパイネ。試合前には工藤監督が左翼での出場を明言していたが、スタメンオーダーに名前はなく、出場機会は2試合続けて代打での1打席だった。

 デスパイネは右肘に不安を抱えているとみられ、工藤監督は守備に就くのは厳しいと判断。ベンチスタートとの理由を問われた指揮官は「今日はちょっと難しかった。(右肘?)そこもあるみたいですね。また、明日考えます」と話すにとどめた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY