野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天は連敗2で止める、岸が7回1失点の快投で2勝目 中日はロメロ好投も…

楽天は8日、敵地・中日戦に2-1で勝利し、連敗を「2」で止めた。先発の岸が7回6安打1失点5奪三振の快投で2勝目。遊ゴロとスクイズで挙げた2点を守りきった。

楽天・岸孝之【写真:荒川祐史】
楽天・岸孝之【写真:荒川祐史】

遊ゴロとスクイズで挙げた2点で勝利、中日は打線が援護できず

■楽天 2-1 中日(交流戦・8日・ナゴヤドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天は8日、敵地・中日戦に2-1で勝利し、連敗を「2」で止めた。先発の岸が7回6安打1失点5奪三振の快投で2勝目。遊ゴロとスクイズで挙げた2点を守りきった。

 楽天は2回、中日先発のロメロから辰己のヒットと2つの四球で1死満塁のチャンスを作り、小郷の遊ゴロの間に1点を先制。先発の岸は3回、先頭の井領に二塁打を浴びたものの後続を落ち着いて断って無失点に抑えた。

 3者凡退に抑えた2回以外は毎回ヒットを許しながら、5回まで無失点で切り抜けていた岸。しかし、6回は2死から大島にヒットを浴びると、二盗を決められて2死二塁に。高橋にタイムリー内野安打を許し、同点に追いつかれた。

 それでも、楽天打線は7回に先頭・辰己が右前打で出塁すると、太田は送りバントで1死三塁に。ここで小郷がスクイズを決め、勝ち越し点を奪った。

 岸がその裏を3者凡退に抑えると、8回はブセニッツ、9回は松井とつないで1点のリードを死守。連敗を止めた。

 中日は先発ロメロが7回4安打2失点10奪三振の快投も打線が援護できず。前日に連敗を5で止めていたが、連勝はならなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」