大谷翔平、菊池雄星との第2打席は一ゴロ 第1打席で二安で2試合ぶり安打

エンゼルス・大谷翔平(左)とマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

NPB時代は5打数2安打3三振だった

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間9日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、マリナーズの菊池雄星投手とメジャー初対決。注目の初回の第1打席で二塁内野安打を放つと、2回の第2打席は一ゴロだった。

 本拠地のマリナーズ戦で「3番・指名打者」で5試合連続で先発出場。メジャー初の“花巻東対決”で、いきなり快音を飛ばした。初回2死。151.3キロ直球、150.2キロで内角をえぐられ、1ボール1ストライク。スライダーでボテボテのゴロに打ち取られたが、快足を飛ばして二塁内野安打とした。中学時代に憧れた3学年上の先輩から2試合ぶり安打をマークした。初回4安打3得点の猛攻の足がかりを作った。

 2回1死一、二塁の第2打席は初球を打って二ゴロに倒れた。好機を2死二、三塁に広げたが、続くプホルスは打ち取られて得点にはつながらなかった。

 2人はNPB時代の2017年3月31日の開幕戦以来800日ぶりの対決。通算5打数2安打3三振だった。菊池が先発したT-モバイルパークでの5月30日(同31日)は大谷が欠場したため、対決は実現しなかった。オースマス監督が「オオタニが勝つことを望む」と期待してのスタメン起用で結果を出した。

 大谷は前日7日(同8日)の同カードで「3番・DH」で先発出場したものの、4試合ぶり無安打。試合前まで今季は26試合出場し、104打数25安打の打率.240、5本塁打、20打点。一方の菊池は前回5月30日(同31日)のエンゼルス戦で3回1/3で10安打6失点で3敗目。中8日を空けての登板で、この8日間で3回ブルペン入りしてフォームを修正してきた。試合前まで今季13試合登板し、3勝3敗、防御率4.43。3試合ぶりの勝ち星を目指している。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY