野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 菊池雄星、大谷翔平に豪快6号被弾 3者連続被弾に呆然、最悪7失点で4回途中KO

菊池雄星、大谷翔平に豪快6号被弾 3者連続被弾に呆然、最悪7失点で4回途中KO

マリナーズの菊池雄星投手は8日(日本時間9日)、敵地エンゼルス戦に先発。3回1/3を9安打、自己ワースト7失点(自責6)、79球でKOされた。メジャーで初対決した大谷翔平投手らに3者連続本塁打を浴びるなど、3試合連続でのKOとなった。

4回途中で降板となったマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
4回途中で降板となったマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

ラステラ、トラウト、大谷に3者連続被弾、3試合連続KOで勝ちなし

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間9日・アナハイム)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マリナーズの菊池雄星投手は8日(日本時間9日)、敵地エンゼルス戦に先発。3回1/3を9安打、自己ワースト7失点(自責6)、79球でKOされた。メジャーで初対決した大谷翔平投手らに3者連続本塁打を浴びるなど、3試合連続でのKOとなった。

 中8日での登板となった菊池は初回に不運な当たりもあって3失点。2、3回は無失点に抑えたものの、4回にまさかの展開が待っていた。先頭ラステラに初球の直球を右中間に運ばれると、続くトラウトには1ボールから直球をレフトスタンドに運ばれた。さらに、大谷にはカーブを左中間へ叩き込まれ6号ソロを浴び、3者連続被弾となった。

 その後、プホルスとカルフーンに四球を与えて降板し、3試合連続でのKO。救援投手も打たれ、失点はメジャーデビュー後ワーストの7となった。

 大谷との対戦はNPB時代の2017年3月31日の開幕戦以来800日ぶりの対決。通算5打数2安打3三振だったが、ホームランを打たれたのは日米通じて初となった。菊池は79球を投げストライクは47球。3試合連続白星なしで、防御率4.99となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」