ソフトバンク松本、今季初登板は4回途中3失点KO 4回に3連続四球から逆転許す

初回は3者連続空振り三振と最高のスタートを切ったが…

■広島 – ソフトバンク(交流戦・9日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクの松本裕樹投手が9日、敵地での広島戦に今季初登板初先発。3回1/3、5安打3失点で降板し今季初勝利はお預けとなった。

 初回は3者連続空振り三振と最高のスタートを切ったが、2回の先頭・鈴木に左翼席へソロホームランを浴び同点に。さらに1点リードの4回は3連続四球で無死満塁のピンチを招くと会沢に左前タイムリー、田中には中犠飛を浴び2点を失い逆転を許した。

 さらに続く、安部にも左前打を浴び1死満塁のピンチを作り降板。2番手には松田遼がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY