野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「今日が始まり」―大谷が菊池から豪快6号、米で初の“花巻東対決”勝利 一問一答

「今日が始まり」―大谷が菊池から豪快6号、米で初の“花巻東対決”勝利 一問一答

エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で5試合連続で先発出場し、5打数3安打2打点と今季2度目の猛打賞の活躍で12-3での大勝に貢献した。花巻東高の先輩・菊池雄星投手から初回2死に二塁内野安打を放つと、4回の第3打席では左中間への6号ソロ。さらに、投手が代わった5回の第4打席でも右中間への適時二塁打をマークした。

マリナーズ・菊池雄星から本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ・菊池雄星から本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

今季2度目の猛打賞、菊池の「甘い球」を左中間へ運ぶ豪快弾「入ってくれてよかった」

■エンゼルス 12-3 マリナーズ(日本時間9日・アナハイム)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で5試合連続で先発出場し、5打数3安打2打点と今季2度目の猛打賞の活躍で12-3での大勝に貢献した。花巻東高の先輩・菊池雄星投手から初回2死に二塁内野安打を放つと、4回の第3打席では左中間への6号ソロ。さらに、投手が代わった5回の第4打席でも右中間への適時二塁打をマークした。

 菊池との対戦はNPB時代の2017年3月31日の開幕戦以来800日ぶり。メジャーでは初めて実現したが、大谷は「今日が始まり」と今後の対戦への思いも明かした。

 以下は試合後のインタビューの一問一答。

――今日の打席を振り返って。

「全体的に良かったなと思うんですけど、最後の打席も外野フライを打てれば良かったんですけど、そういうところを1つ1つ確認しながら明日以降につなげたいなと思ってます」

――菊池との初対戦。

「試合前から楽しみにはしていたので、打った打たない関係なく、こういうところで対戦できるというのはすごく僕にとっても特別な感じがあったので、勝つことができてまずはよかったなと思ってます」

――ホームランの打席はどんな気持ちで打席へ?

「どんな球でもしっかり振っていこうって思っていたので、甘い球が来てギリギリでしたけど入ってくれてよかったなと思います」

――これからも沢山の対戦がある。

「今日が始まりなので、まだまだ何回も対戦する機会があると思うので、またの機会でしっかり打てるように僕も準備したいなと思います」

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」