西武松本航、DeNA上茶谷とのドラ1対決で勝利投手の権利「前回より良かった」

西武・松本航【写真:荒川祐史】
西武・松本航【写真:荒川祐史】

5回2失点で降板も代打メヒアが勝ち越し犠飛、DeNA上茶谷も5回2失点

■DeNA – 西武(交流戦・9日・横浜)

 西武のドラフト1位ルーキー松本航投手が9日のDeNA戦(横浜)に先発し、5回2失点でマウンドを降りた。

 この日のDeNAの先発は同じ大卒ドラ1の上茶谷ということもあり、前日には「楽しみです」と話していた松本航。初回に宮崎に先制打を浴びたが、要所を締める投球でDeNA打線に追加点を与えなかった。5回には自らの野選も絡み無死満塁のピンチを背負ったものの、宮崎の犠飛による1点のみと最少失点で切り抜けた。

 一方のDeNA先発・上茶谷も松本航と同じ5回2失点で降板。同点で迎えた6回に1死一、三塁の好機で9番の松本航に代打が送られ、ここでお役御免となったが、代わったメヒアが勝ち越しの犠飛を放ち、松本航に勝利投手の権利が転がり込んだ。

「前回登板では強い球を投げることができなかったので、腕を振って強い球を投げることを意識してマウンドにあがりました」と振り返った松本航。「ボールが沈んでしまったり弱い球もありましたが、前回よりは良かったと思います。変化球もしっかり腕を振って、カウントを取ることができたのもよかったです」と満足そうだった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY