野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 3者連発の口火切ったラステラ、“衝撃”の事実明かす 大谷の一発は「トイレにいて…」

3者連発の口火切ったラステラ、“衝撃”の事実明かす 大谷の一発は「トイレにいて…」

エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で出場し、4回に高校の先輩・菊池雄星投手から6号ソロを放った。5回にも2番手投手から適時打を放ち、5打数3安打2打点と今季2度目の猛打賞の活躍で12-3での大勝に貢献。4回のホームランは3者連続弾の“締めの一発”となったが、口火を切ったラステラは大谷の本塁打を「トイレにいたから見逃した」と“衝撃”の事実を明かしている。

3者連続となる本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
3者連続となる本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

菊池から3者連続本塁打「あの場面に携わることができてクール」

■エンゼルス 12-3 マリナーズ(日本時間9日・アナハイム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で出場し、4回に高校の先輩・菊池雄星投手から6号ソロを放った。5回にも2番手投手から適時打を放ち、5打数3安打2打点と今季2度目の猛打賞の活躍で12-3での大勝に貢献。4回のホームランは3者連続弾の“締めの一発”となったが、口火を切ったラステラは大谷の本塁打を「トイレにいたから見逃した」と“衝撃”の事実を明かしている。

 エンゼルスタジアムが熱狂に包まれた。3-2で迎えた4回。エンゼルスが猛攻を見せた。まずは先頭ラステラが菊池が投じた初球の直球を右中間に運ぶ。14号ソロで2点差に。すると、トラウトは1ボールから直球を捉え、レフトスタンドへの17号ソロを放った。そして、締めくくりは大谷。初球のカーブを捉え、左中間へ叩き込む6号ソロ。1、2、3番で3者連続本塁打を記録した。

 エンゼルスの3者連続本塁打はカルフーン、トラウト、プホルスが記録した2016年9月3日のマリナーズ戦以来3年ぶり。エンゼルスファンは久々の快感に酔いしれたが、“張本人”はその瞬間を見ていなかった。

 ラステラは試合後、大谷のホームランを「トイレにいたから、見逃してしまったよ」と明かしている。もっとも、自身から始まった3者連続本塁打には大満足の様子で、菊池から打てた要因について聞かれると「よくわからないけど、その結果になって間違いなく嬉しいよ。最初の2打席ではなかなか結果を残せなかった。初球がたまたま直球だったから、それに対して良いスイングができたよ。トラウトも続いてくれて、直後にはショウヘイもね」と振り返り、「あの場面に携わることができたのは、僕たちにとってもクールなことだね」と話した。

 同じ高校出身の2人の日本人対決に米国でも注目が集まった中で、存在感を見せたラステラ。今季のエンゼルスでキーマンの一人となっている。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」