阪神原口が代打で劇的サヨナラ打、大腸がんから復帰5戦目 矢野監督は歓喜の抱擁

阪神・原口文仁【写真:荒川祐史】
阪神・原口文仁【写真:荒川祐史】

9回に代打で登場して劇的一打、甲子園は大歓声に

■阪神 4-3 日本ハム(交流戦・9日・甲子園)

 阪神は9日、甲子園での日本ハム戦で劇的な勝利を飾った。同点の9回に代打・原口がサヨナラ打。大腸がんから復帰し、5戦目での大仕事に矢野監督も喜びを爆発させた。

 2点を追いつき、同点で迎えた9回。2死二、三塁のチャンスを作ると、矢野監督はピッチャーの藤川の代打に原口を送った。すると、カウント1-1からの3球目、秋吉のスライダーを中前に運ぶサヨナラ打。その瞬間、甲子園は大歓声に包まれ、矢野監督は右手を突き上げてベンチから飛び出し、原口とがっちりと抱き合った。

 大腸がんの手術を受けた原口は、今月4日に復帰したばかり。5試合目でのサヨナラ打となった。

【動画】阪神原口が代打で劇的サヨナラ打! 甲子園が大歓声に包まれた瞬間

RECOMMEND

CATEGORY