野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “W手術”から復帰のドジャース・シーガーが独白「長く辛い一年だったけど…」

“W手術”から復帰のドジャース・シーガーが独白「長く辛い一年だったけど…」

昨年、右肘のトミー・ジョン手術と股関節の手術を受け、今シーズンから戦列に復帰したドジャースのコーリー・シーガー内野手(25)がFull-Countの単独インタビューに応じた。2015年シーズン最終盤にメジャーデビューし、翌16年には新人王を獲得。オールースター出場、シルバースラッガー賞獲得と一気にスターダムに駆け上ったシーガーは、ダイナミックなプレーぶりと謙虚な性格でファンにも人気を誇る。

ドジャースのコーリー・シーガー【写真:Getty Images】
ドジャースのコーリー・シーガー【写真:Getty Images】

Full-Countが単独インタビュー、手術は「長い目で見るといいこと」

 昨年、右肘のトミー・ジョン手術と股関節の手術を受け、今シーズンから戦列に復帰したドジャースのコーリー・シーガー内野手(25)がFull-Countの単独インタビューに応じた。2015年シーズン最終盤にメジャーデビューし、翌16年には新人王を獲得。オールースター出場、シルバースラッガー賞獲得と一気にスターダムに駆け上ったシーガーは、ダイナミックなプレーぶりと謙虚な性格でファンにも人気を誇る。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

――今年は母の日(5月12日)に満塁ホームランで背番号と同じ5打点。素晴らしいプレゼントになったが?

「ホームランはいつも特別だけど母の日は特に感謝の気持ちが伝わったのなら嬉しいね」

――コーリーの謙虚さは家族、特に両親からと言っていたが?

「僕の親には『いつも謙虚にしなさい!』って育てられたから全ては僕の親のおかげだよ。5打点は自信に繋がるよ。ずっとプレーできてなくて、忘れていたことや学び直さないといけないことがとっても多かった。だからちょっと辛い時もあった分、打つことができて本当によかったと思っているよ」

――ちょうど1年前にトミー・ジョン手術を受けることになったがその時はどのように?

「投げるのも痛くて、あの手術は絶対に必要なのはわかっていたよ。でもやっぱりあれだけ長いことプレーできないのもきつかった。今は痛みも無くなって、試合中も痛みではなくプレーに集中できることは嬉しいよ。だから長く辛い一年だったけど、長い目で見るといいことだと思っているんだ」

――シーズン中でみんなは溌剌とプレーしている中でどのように自分の気持ちを整えていたのか?

「辛かったよ。できるだけみんなの邪魔にならないようにって思ってたし、ちょっと変だった。でも僕もワールドシリーズに出て経験したこともあるから気持ちがわかる分、みんなの邪魔にならないように気をつけていた。サポートしたいって気持ちも大きかったけど、それでもグッと我慢したことも多かったんだ」

――手術の後、初めてボールを投げたり打ったりできた時は?

「やっぱり快感だったよ(笑)。楽しい気持ちもあるけどそれ以上に痛みがないことが一番嬉しかった。ずっとその痛みに慣れようとしていたから、もうその痛みを心配せずにプレーできて嬉しい気持ちでいっぱいだった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」