大谷翔平に本塁打競争出場要請がくれば…エ軍監督「思うがままにするのが一番」

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

医療スタッフの判断も含めて出場を判断か「強いインパクトがかかるので心配する必要がある」

 エンゼルスのブラッド・オースマス監督は9日(日本時間10日)、大谷翔平投手のホームランダービー(7月8日・クリーブランド)の出場を容認した。ホームランダービーはMLBオールスター戦の前夜祭として行われる。この日の本拠地・マリナーズ戦前に報道陣の取材に対応。MLB機構から出場要請が来た場合を仮定として、「彼(大谷)が最終的に決めないといけない。僕の考えが及ぶところではない。思うがままにするのが一番いいと思う」と話した。本塁打競争出場となれば、日本人メジャーリーガーでは初めてとなる。

 大谷は昨年10月1日に右肘のトミー・ジョン手術を受けた。術後7か月となった5月7日の敵地・タイガース戦で打者復帰したが、投手としてはリハビリ段階にある。オースマス監督は「確かにホームランダービーは強いインパクトが必要なので、心配する必要があるかもしれない」とも話しており、MLB機構から出場要請がくれば、医療スタッフの判断も含めて出場の可否を判断することとなりそうだ。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY