野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 銃撃受けたオルティス氏、容体安定も…「幾つかの臓器を部分的に取り除いた」

銃撃受けたオルティス氏、容体安定も…「幾つかの臓器を部分的に取り除いた」

通算541本塁打を誇る元レッドソックスの強打者デビッド・オルティス氏が母国ドミニカ共和国で銃撃された。MLB公式サイトなど米メディアが一斉に報じた。オルティス氏は背後から腰付近を撃たれて重傷。ドミニカ国内の病院で手術を受けたが、幸いにも命には別状はないようだ。

レッドソックスなどで活躍したデビッド・オルティス氏【写真:Getty Images】
レッドソックスなどで活躍したデビッド・オルティス氏【写真:Getty Images】

ESPNのリベラ記者がリポート「損傷を受けた臓器はないと、彼の父親は昨夜説明していたが…」

 通算541本塁打を誇る元レッドソックスの強打者デビッド・オルティス氏が母国ドミニカ共和国で銃撃された。MLB公式サイトなど米メディアが一斉に報じた。オルティス氏は背後から腰付近を撃たれて重傷。ドミニカ国内の病院で手術を受けたが、幸いにも命には別状はないようだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米スポーツ専門局「ESPN」のマリー・リベラ記者は自身のツイッターで「デビッド・オルティスの容体に関して今朝方に更なるアップデートがあった」としてオルティス氏の容態について新たにレポート。これによると「損傷を受けた臓器はないと、彼の父親は昨夜説明していた。しかし、医師たちによる対応(手術)は深夜まで続き、幾つかの臓器は部分的に取り除いたり治療も必要だった」と伝えている。

 銃撃により、いくつかの臓器が部分的に損傷し、一部摘出したり等の処置が行われた模様。ただ、その容体は安定しているようで、リベラ記者は「オルティスは現在集中治療室にいるが、容体は安定している」とも伝えている。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」