野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井口監督、逆転直後に4失点の涌井に苦言「流れとして良くなかった」

ロッテは11日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでDeNAと対戦。一時はリードしたロッテだったが、5回に5安打4得点の猛攻を受け、6-3で逆転負けを喫した。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

3点を追う5回は主軸2人が好機で連続三振「流れが切れてしまった」

■DeNA 6-3 ロッテ(交流戦・11日・ZOZOマリン)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ロッテは11日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでDeNAと対戦。一時はリードしたロッテだったが、5回に5安打4得点の猛攻を受け、6-3で逆転負けを喫した。

 ロッテは0-2で迎えた4回。8番・三木がDeNA先発・浜口の高めに浮いたチェンジアップを左翼スタンドへ運ぶ1号3ランで逆転に成功。しかし、涌井が直後の5回、1死から連打で一、二塁のピンチを招くと、2004年夏、ともに甲子園で戦った横浜高校の同級生、2番・石川に初球を捉えられ3-3と同点に。3番・宮崎には勝ち越し右犠飛を許し、さらにはロペス、乙坂の連続適時打で6-3とリードを広げられて5回持たずに降板した。

 今回を含め、ここ5試合勝ち星のない涌井について、井口監督は「球が真ん中に集まっているのと、今日は高めにいっていた。逆転した直後のああいう形で大量点を取られてしまって、チームの流れとしては良くなかったですね」と、逆転直後に踏みとどまれなかった背番号18番に苦言を呈した。

 その裏、浜口の乱調から無死満塁と再度好機を作ったものの、4試合ぶりに復帰した4番・井上と、5番・レアードが連続三振。6番・中村も遊撃ゴロに倒れて無得点に終わり「あそこで、なんとか反撃しなくてはいけなかったが連続三振。完全に流れが切れてしまった。また明日、頑張ります」と、指揮官は悔しさをにじませながら、会見場を後にした。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」