野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・和田、中6日で今季2度目先発「肩は回復しているし、疲労も取れた」

ソフトバンクの和田毅投手が12日の阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がる。5日の中日戦では5回2失点。78球での降板となり「それでは申し訳ない」と、今回はより長いイニングを目指していく。

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

100球を目指しマウンドへ「自分もそうありたいと思っています」

■ソフトバンク – 阪神(12日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの和田毅投手が12日の阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がる。5日の中日戦では5回2失点。78球での降板となり「それでは申し訳ない」と、今回はより長いイニングを目指していく。

 2年ぶりの白星を目指す中6日での先発マウンド。5日の中日戦で78球を投げ、翌日の左肩の状態が心配されたが「肩は回復しているし、疲労も取れています。まだ上で2試合目なので疲れたとか言ってられないですから」と、通常のローテーションをこなせることを強調。今回こそ100球を目指すのかという問いかけには「自分もそうありたいと思っています。上(1軍)で投げる以上はしっかり投げないと」と語った。

 初戦の11日は延長12回で7人の投手をつぎ込んだだけに、首脳陣としても和田に対して「1イニングでも長く」という思いがあるだろう。

「(2年ぶりの先発となった)前回はさすがに緊張しましたが、前回よりもスムーズに入っていけると思います」という和田だが、「原口くんが戻ってチームに勢いがあるし、雰囲気もある。いい左バッターも多いと思います」と阪神打線への警戒を緩めることはない。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」