野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “報復死球”よりマシ? HR後の喜び方に投手激怒、口論も…米記者「それでいい」

“報復死球”よりマシ? HR後の喜び方に投手激怒、口論も…米記者「それでいい」

9日(日本時間10日)にサンフランシスコのオラクル・パークで行われたジャイアンツ-ドジャース戦で、ジャイアンツのマディソン・バムガーナー投手がドジャースのマックス・マンシー内野手に被弾し、“一触即発”の口論となる場面があった。メジャーでは、本塁打後に投手の前で過剰に喜ぶことは“挑発行為”とも取られ、その後の打席で報復行為として死球を当てられることもある。

本塁打を放ったドジャース・マンシー(左)と口論したジャイアンツ・バムガーナー【写真:AP】
本塁打を放ったドジャース・マンシー(左)と口論したジャイアンツ・バムガーナー【写真:AP】

マンシーの喜び方にバムガーナーが激怒で口論も…“報復死球“よりいい? 「リベンジではいけない」

■ドジャース 1-0 ジャイアンツ(日本時間10日・サンフランシスコ)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 9日(日本時間10日)にサンフランシスコのオラクル・パークで行われたジャイアンツ-ドジャース戦で、ジャイアンツのマディソン・バムガーナー投手がドジャースのマックス・マンシー内野手に被弾し、“一触即発”の口論となる場面があった。メジャーでは、本塁打後に投手の前で過剰に喜ぶことは“挑発行為”とも取られ、その後の打席で報復行為として死球を当てられることもある。それだけに、口論という形となった今回の一件について米メディアは「それでいい」と理解を示している。

 この試合、初回1死でマンシーがバムガーナーから同球場名物の見事な“スプラッシュ弾”を放った。酔いしれたマンシーは打球の行く先をじっくりと眺めていたが、これにバムガーナーが激怒。MLB公式サイトは「彼はマンシーに眺めるのをやめて走るように叫んだ」と伝えている。マンシーはこれに対して「僕が打球を見ているのが見たくないなら、海に取りに行けばいい」と言い返し、ダイヤモンドを一周する間、2人の口論は続いたという。

 メジャーではあれば、次の打席でバムガーナーがマンシーに“報復死球”をぶつけてもおかしくない展開。ただ、バムガーナーはやらなかった。

 米ヤフースポーツのマイク・オズ記者は「バットフリップと本塁打祝福はクールだが、マディソン・バムガーナーにも一理ある」とのタイトルで記事を執筆。文句をいうだけで“報復死球”という行動を取らなかったバムガーナーに理解を示している。

 同記者はまず「私は野球選手が本塁打を祝福することに大賛成である。かっ飛ばしたら、眺める。バットフリップする。ゆっくり一周する。すればいい。投手が本塁打の祝福を見たくないなら、打たせなければいいのではないか? 球を投げ、フェンスを越えるのを見る立場ではない第三者が言うのは簡単だということも理解している」と言及。打者が本塁打を喜ぶこと自体に問題はないという考えだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」