野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武・辻監督、炭谷に3ラン献上の郭俊麟をバッサリ 「そこであれはない」

西武は13日の巨人戦(メットライフ)を2-8で大敗。前回のDeNA戦に続き2カード連続の負け越しとなった。

西武・辻監督【写真:福谷佑介】
西武・辻監督【写真:福谷佑介】

巨人先発・桜井にお手上げ「今日は彼に完敗です」

■巨人 8-2 西武(交流戦・13日・メットライフ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武は13日の巨人戦(メットライフ)を2-8で大敗。前回のDeNA戦に続き2カード連続の負け越しとなった。

 先発の郭俊麟が4回に炭谷に3ランを浴びるなど4回4失点で試合を作れず、2番手の小川も阿部に2ランを許すなど5回までに6失点と中盤までで試合を決められた。打線は巨人先発・桜井の前に木村のソロホームランの1点のみと沈黙し、2カード連続の負け越しとなった。

 試合後、辻監督は「あそこの3ランが全てだった」と4回に郭俊麟が炭谷に浴びた3ランを悔やみ、「外まっすぐがシュートしてど真ん中やろ。引っ張ってきて、追い込まれたらおっつけるバッティングをしてくるのに、そこであれはない」とバッサリ。

 巨人先発の桜井の前に4安打と自慢の打線も機能せず、「カーブもいいが、まっすぐもカットもよかった。今日は彼に完敗です。あれだけのピッチングをされたらなかなか点は取れないし、あの3点が余計に痛かった」と指揮官もお手上げだった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」