野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武ドラ4粟津、プロ初登板でG阿部の打球にびっくり 「ゲームみたい」

西武のドラフト4位ルーキー・粟津凱士投手が13日の巨人戦(メットライフ)でプロ初登板を果たし、2回4安打1四球2失点のデビューとなった。

西武・粟津凱士【写真:安藤かなみ】
西武・粟津凱士【写真:安藤かなみ】

7回からマウンドに上がりデビュー戦は2回4安打2失点

■巨人 8-2 西武(交流戦・13日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武のドラフト4位ルーキー・粟津凱士投手が13日の巨人戦(メットライフ)でプロ初登板を果たし、2回4安打1四球2失点のデビューとなった。

 6点ビハインドの7回からマウンドに上がった粟津は先頭の岡本にセンター前ヒットを許すと1死二、三塁とピンチを背負い、若林にレフトへのタイムリーを浴びてプロ初失点。8回もヒットと四球で再びピンチを背負ったが、最後は岡本を遊ゴロに仕留めこの回は無失点で締めた。

 初登板を終えた粟津は「ファームより全然ボールが行かなかった」と苦笑いも、「早い段階で1軍で投げさせてもらえて良い経験になった。活かしていきたい」と充実感たっぷりに振り返った。

 7回1死から阿部に通算350二塁打となるメモリアルヒットを献上したが、「ベテランの方は経験が打席に表れていると感じた。甘いところに行ったら、ゲームのように打ち返された」と球界を代表するバッターのとの対戦には驚いた表情を見せていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」