4勝目のロッテ種市、100球超で続投した意味 吉井コーチも称賛「すごく良かった」

ロッテ・種市篤暉【写真:佐藤直子】
ロッテ・種市篤暉【写真:佐藤直子】

7回123球1失点の好投、バッテリーで切り替えスライダーで活路

■ロッテ 3-1 DeNA(交流戦・13日・ZOZOマリン)

 ロッテ・種市篤暉投手が13日、本拠地でのDeNA戦で交流戦2度目の先発登板し、チームトップタイとなる4勝目をマークした。

 前回登板となった6日の阪神戦では「立ち上がりはふわふわした感じだった」という種市。これまでの登板では、序盤は緊張から制球を乱すことがあったが、この日は「今日は落ち着いて投げることができました」と初回無失点と上々の滑り出しを見せた。

 力強い真っ直ぐと、落差の大きいフォークのイメージが強い種市だが、この日の投球を支えたのはスライダーだった。「相手のバッターはフォークとまっすぐが頭に入っていたと思うので、そこにないボールを選択して投げることができたと思います」と、スライダーを積極的に投じた。フォークが序盤は「見切られている」とも感じ「そこでスライダーと多めにして、という感じで投げられた。スライダーが良かったので(投球の)比率を多くしました」。7回1失点でチームの連敗をストップさせた。

 この試合、最大のピンチは6回。2死満塁で7番ソトを迎える場面。1ボール2ストライクからの4球目。「三振を狙いに行きました」。狙い通りに空振り三振に仕留めたのも、この日手応えを感じていたスライダーだった。

将来を見据えたベンチの思惑と本人の意思が合致「自信になります」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY