野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム中田、西川のヘッスラで「気合い」 貴重な同点打「無心で来る球を強く」

日本ハムの中田翔内野手が14日、本拠地巨人戦で同点打を放ち、逆転勝利に貢献した。

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】
日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

泥臭いプレーに心が動く、王柏融の勝ち越し2ランに「ホッとしたし、うれしかった」

■日本ハム 5-4 巨人(交流戦・14日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの中田翔内野手が14日、本拠地巨人戦で同点打を放ち、逆転勝利に貢献した。

 2-3と1点を追う7回、先頭の西川遥輝外野手が投前にセーフティーバントを転がし、一塁へヘッドスライディングして内野安打をもぎとった。クールな西川が見せた泥臭いプレーに主砲の心が動いた。「普段しないヘッドスライディングで、みんな気合いが入った。何とか振り出しに戻したい気持ちが強かった」と中田は振り返る。

 2死後に盗塁を決めた西川を二塁に置き、一打同点の場面。「無心で来る球を強く打とうと思った」とフルカウントから巨人の高木のチェンジアップを左前に運んで追いついた。直後に飛び出した王柏融の勝ち越し2ランでホームインした中田は「ホッとしたし、うれしかった」と笑顔で王を出迎えた。

 守備でも8回に岡本が打ち上げたファウルをフィルドシートのフェンスに飛び上がって追う執念を見せ、9回には横っ飛びでゴロを押さえた渡辺諒内野手が投じたショートバウンドを倒れながら捕球してアウトにした。「守備でもその日その日で自分ができるレベルのことをしっかりやるのは当たり前」。サラリと言ってのけた言葉がいつも以上に頼もしく響いた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」