野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム石井、6点差から意地の2号3ラン「明日につながる打席にしたい」

日本ハムの石井一成内野手が15日、本拠地巨人戦で今季2号3ランを放った。

日本ハム・石井一成【写真:荒川祐史】
日本ハム・石井一成【写真:荒川祐史】

2-8で迎えた9回に2号3ラン「最後まで諦めない気持ちで」

■巨人 8-5 日本ハム(交流戦・15日・札幌ドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 日本ハムの石井一成内野手が15日、本拠地巨人戦で今季2号3ランを放った。

 敗戦濃厚で迎えた土壇場の9回に、石井が意地を見せた。清水、中島の連打で作った無死一、二塁の好機。フルカウントから2番手・鍬原の高め直球を強振した。「行くとは思わず、びっくりしました」。打球は驚くほど距離を伸ばし、巨人ファンが待つ右翼席に飛び込んだ。

「(清水と中島が)ヒットでつないでくれたチャンスだったし、最後まで諦めない気持ちでした。自分自身のアピールもしたかったし、明日につながる打席にしたいという思いでした。反応で打ったので、どう打ったかは覚えてないです」。無我夢中で放った一撃を振り返った。

 この3ランで3点差に追い上げ、勝ちパターンの田原とクローザーの中川まで引っ張り出した。敗れはしたものの、チームにとっても、石井自身にとっても次につながる大きな一発になった。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」