大谷翔平、“負けない男”から2試合ぶりアーチなるか 4戦連続3番スタメン

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

レイズ先発モートンは今季8勝0敗、昨年8月から21登板連続負けなし

■レイズ – エンゼルス(日本時間16日・タンパ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日、試合開始2時10分)、敵地のレイズ戦で「3番・指名打者」で4試合連続スタメン出場する。4試合連続安打、2試合ぶりのアーチが期待される。

 大谷は14日(同15日)の同カードで「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席で昨季のサイ・ヤング賞左腕、ブレイク・スネルから左前打を放ち、2回の第2打席では押し出し四球を選んだ。11日(同12日)のドジャース戦から7打席連続出塁をマークした。4回の第3打席からは3打席無安打で、4打数1安打1打点1盗塁。今季成績は32試合出場し、打率.280、8本塁打、27打点、2盗塁となっている。

 レイズはチャーリー・モートンが先発する。今季は14試合登板し、8勝0敗、防御率2.10。アストロズ時代の昨年8月17日のアスレチックス戦から21登板連続で負けなしとなっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

CATEGORY