広島、西川V打でリーグ首位死守! 楽天岸は7回3失点も今季初黒星

広島・西川龍馬【写真:荒川祐史】
広島・西川龍馬【写真:荒川祐史】

広島は1引き分けを挟んだ連敗を3でストップ

■広島 4-2 楽天(交流戦・16日・楽天生命パーク)

 広島は16日、楽天戦(楽天生命パーク)で4-2で競り勝ち、1引き分けを挟んだ連敗を3でストップ。リーグ首位を死守した。

 1点を追う6回にバティスタの適時二塁打で同点とすると、7回には西川の適時打で勝ち越した。9回には會澤の適時打でダメ押した。投げてはジョンソンが6回3安打3失点。今季6勝目を挙げた。

 楽天は岸が7回7安打3失点と試合を作ったものの、今季初黒星。1点差の8回無死一、三塁の好機を生かせなかったのが響いた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY