野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ9戦連続勝敗つかずも マドン監督確信「球界でも屈指の投手」

カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、今季3勝目をかけて敵地・ドジャース戦で先発した。17年11月1日(同2日)のワールドシリーズ第7戦以来591日ぶりのロサンゼルス登板は7回10奪三振2安打1失点と快投。1点ビハインドの場面で降板したが、9回にリゾが逆転19号2ラン。チームは逆転勝ちし、右腕は9試合連続で勝敗付かずの球団記録となった。防御率4.65となった。

ドジャースタジアムのマウンドに立ったカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
ドジャースタジアムのマウンドに立ったカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

17年ワールドシリーズ第7戦以来のLA登板で7回10K2安打1失点と躍動

■カブス 2-1 ドジャース(日本時間16日・ロサンゼルス)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、今季3勝目をかけて敵地・ドジャース戦で先発した。17年11月1日(同2日)のワールドシリーズ第7戦以来591日ぶりのロサンゼルス登板は7回10奪三振2安打1失点と快投。1点ビハインドの場面で降板したが、9回にリゾが逆転19号2ラン。チームは逆転勝ちし、右腕は9試合連続で勝敗付かずの球団記録となった。防御率4.65となった。

 4回先頭でベルドゥーゴに先制ソロを浴びたが、同2死三塁を脱するとピンチらしいピンチも作らせなかった。7回109球(ストライク68球)を投げ、今季2度目の2桁10奪三振、1四球、2安打1失点。3試合ぶり今季4度目のクオリティ・スタートを達成し、日本人最多を更新する大リーグ通算36度目の2桁三振を奪った。

 球団記録が残る1908年以降では最長となる9試合連続勝敗なしとなったが、9回逆転勝ちを演出。ジョー・マドン監督は復活へ手応えをつかんだようだ。米メディア「ジ・アスレチック」でシニアライターを務めるパトリック・ムニー氏は自身のツイッターで「彼が己自身を本当に信頼して、自信を持っていさえすれば、彼は球界でも屈指の投手だ」と指揮官が称賛したことを紹介。

 地元紙「シカゴ・トリビューン」のカブス番、マーク・ゴンザレス記者も自身のツイッターで、マドン監督が「ダルビッシュは極めて素晴らしかった。彼は現在自分がどれほど優れているかを見せてくれている。終始素晴らしいボールだった。彼を称賛する。ずば抜けていた」と絶賛したことを伝えた。

 49日ぶりの勝ち星こそつかめなかったが、確実に本来の投球を取り戻しつつあるようだ。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」