野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ、6点差大逆転サヨナラ勝ち 鈴木が9回だけでソロ&サヨナラ打の2安打3打点

ロッテが、6点差をひっくり返す大逆転サヨナラ勝ちを飾った。16日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでの中日戦。5点差で迎えた9回に、怒涛の猛反撃を見せて大量6点を奪い、試合をひっくり返した。

サヨナラ適時打を放ったロッテ・鈴木大地【画像:(C)PLM】
サヨナラ適時打を放ったロッテ・鈴木大地【画像:(C)PLM】

5点ビハインドで迎えた9回、5安打3四球で6点奪う

■ロッテ 8-7 中日(交流戦・16日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテが、6点差をひっくり返す大逆転サヨナラ勝ちを飾った。16日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでの中日戦。5点差で迎えた9回に、怒涛の猛反撃を見せて大量6点を奪い、試合をひっくり返した。

 衝撃的な逆転サヨナラ劇だった。5点ビハインドで迎えた9回、先頭で打席に入った鈴木が右翼スタンドへ反撃の口火を切るソロ本塁打。4点差に迫ると、ここから一気に反撃に転じた。井上、レアードが田島から連続四球を選ぶと、中村奨が代わったマルティネスから適時二塁打を放ち、3点差に迫った。

 さらに藤岡が中前への2点適時打を放ち、ついに1点差。岡が倒れて2死となったが、田村が右前安打、荻野が四球を選んで満塁とすると、打席には、この回2打席目となった鈴木。フルカウントからの6球目、代わったロドリゲスのインハイの真っ直ぐを捉えた。

 バットは折れたものの、打球は一、二塁間へ。二塁手のグラブの先を抜けて右前へと転がると、一気に2人の走者が生還した。劇的なサヨナラ勝ち。鈴木はこの回、反撃の口火を切るソロ本塁打とサヨナラの2点適時打と、1イニングで2安打3打点の活躍で激戦に終止符を打った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」