野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、父の教えは「体に染み付いてる」 水色着用でマルチ安打、一問一答

大谷翔平、父の教えは「体に染み付いてる」 水色着用でマルチ安打、一問一答

エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レイズ戦に「3番・DH」で5試合連続でスタメン出場し、今季12度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打1四球と3度出塁も、チームは5-6で競り負け。この日は「父の日」で、大谷は他の選手と同じように水色のスパイクやプロテクターを着用した。

父の日仕様ユニホームを着用し、出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
父の日仕様ユニホームを着用し、出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

父の日の今季12度目のマルチ安打、水色のプロテクターなどを着用

■レイズ 6-5 エンゼルス(日本時間17日・タンパ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レイズ戦に「3番・DH」で5試合連続でスタメン出場し、今季12度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打1四球と3度出塁も、チームは5-6で競り負け。この日は「父の日」で、大谷は他の選手と同じように水色のスパイクやプロテクターを着用した。

 大谷は5回の第3打席で11打席ぶりのヒットを放ち、一時同点の生還。トラウトの2ランで1点差に迫った土壇場9回にはピッチャー強襲の痛烈なヒットを放ったが、後続が倒れて追いつくことはできなかった。初回には無死一、二塁で四球を選び、続くプホルスの先制犠飛を呼び込むなど活躍したが、あと1歩及ばなかった。今季は34試合出場で打率.278、8本塁打、27打点、2盗塁となった。

 以下は試合後の一問一答。

――シーソーゲームだった。

「もうちょっとでしたけど、最後もいい終わり方というか、負けはしましたけど、粘っていいゲームだったかなと思います」

――最後の判定(カルフーンの見逃し三振)は?

「セカンドから見た感じでしたけど(ストライクゾーンの)外だったので、ボールかなとは思いました」

――マルチ安打をマーク。9回はトラウトの2ランで1点差になり、どんな気持ちで打席に?

「(9回は)1点差だったので、塁に出ればもう1点入るんじゃないかなというところで。結果的に出られてよかったなと思います」

――父の日。お父さんに感謝の気持ちは?

「どうですかね。感謝はもちろんしてますよね。まだまだこれから先が長いので、今日一日で終わるわけではないですし、シーズンをいいものにできれば、もっともっといいところを見せられるんじゃないかなと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」