野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J稲葉監督、中日高橋と西武外崎を高評価 「動く球にうまく対応できそう」

侍ジャパンの稲葉篤紀監督が19日、ナゴヤドームで行われた中日対西武の試合を視察に訪れた。

ナゴヤドームを視察に訪れた侍ジャパンの稲葉篤紀監督【写真:安藤かなみ】
ナゴヤドームを視察に訪れた侍ジャパンの稲葉篤紀監督【写真:安藤かなみ】

ユーティリティプレーヤーの西武外崎には「言われたところを守れる強みがある」

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督が19日、ナゴヤドームで行われた中日対西武の試合を視察に訪れた。

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 両チームの練習から視察を行っていた稲葉監督は、トップチームで課題となっている三塁手の選出について現在セ・リーグ首位打者で中日の正三塁手の高橋を評価した。

 稲葉監督は高橋について「今年はいい成績を残しているし、実際に見ることができたのは大きな収穫」と口にすると「バッティングはコンパクト。国際大会において動く球にうまく対応できそう」と外国人投手との対戦においてもその打撃力に期待を寄せていた。

 また、ユーティリティプレイヤーとして高く評価している西武の外崎修汰内野手については「今年はセカンドのレギュラーとして出ているが、言われたところを守れる強みがある」と話し、「逆方向に長打を打てる力もある。作戦を仕掛けられる選手でもある」と守備だけではなくのパンチ力のある打撃についても魅力を感じているようだった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」