野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日与田監督、今度はリクエスト成功 大島の犠打が判定覆りセーフに

中日の与田剛監督が、2度目のリクエストを成功させた。22日、本拠地ナゴヤドームでの日本ハム戦。5回無死一塁で、大島は投前にバント。俊足を飛ばして一塁を駆け抜けたが、一塁塁審の柳田審判員の判定はアウトだった。

中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】
中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

4回の攻撃では松井雅の本塁タッチアウトを巡って猛抗議

■中日 – 日本ハム(交流戦・22日・ナゴヤドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 中日の与田剛監督が、2度目のリクエストを成功させた。22日、本拠地ナゴヤドームでの日本ハム戦。5回無死一塁で、大島は投前にバント。俊足を飛ばして一塁を駆け抜けたが、一塁塁審の柳田審判員の判定はアウトだった。

 スタンドのファンから一斉に疑問の声があがると、与田監督はすぐさまリクエストによるリプレー検証を要求。大島が早く一塁に到達しており、リプレー検証の末に判定は覆ってセーフとなった。

 与田監督は4回の攻撃でもリクエストを要求。1死三塁で平田の三ゴロで本塁へと突入した松井雅の本塁タッチアウトを巡ってのもの。リプレー検証の結果、判定は覆らず。さらに与田監督は、捕手・清水のタッチがコリジョンプレーだったのでは、と猛抗議したが、判定はアウトのままだった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」