野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 中日が2連勝 吉見が今季初勝利、与田監督が猛抗議する場面も 日ハムは急失速

中日が2連勝 吉見が今季初勝利、与田監督が猛抗議する場面も 日ハムは急失速

中日が6試合ぶりの2桁安打で2連勝を飾った。22日、本拠地ナゴヤドームでの日本ハム戦。打線が15安打6得点と繋がると、4月21日のヤクルト戦以来の先発となった先発の吉見が6回途中1失点と好投し、4試合目の先発で今季初勝利をマークした。

中日・吉見一起【写真:荒川祐史】
中日・吉見一起【写真:荒川祐史】

中日は6試合ぶりの2桁15安打で6点を奪う

■中日 6-1 日本ハム(交流戦・22日・ナゴヤドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 中日が6試合ぶりの2桁安打で2連勝を飾った。22日、本拠地ナゴヤドームでの日本ハム戦。打線が15安打6得点と繋がると、4月21日のヤクルト戦以来の先発となった先発の吉見が6回途中1失点と好投し、4試合目の先発で今季初勝利をマークした。

 3回、先頭の平田が遊撃への内野安打で出塁すると、1死二塁から大島の適時打で先制。さらに続くビシエドも左中間を破る適時二塁打を放って2点目を奪った。1点差とされた6回には2死三塁から平田、京田、大島の3連打などで、さらに3点を追加してリードを広げた。

 先発の吉見は両コーナーを丁寧に突き、緩急を交えて日本ハム打線を封じた。3回まで1人の走者も出さない完全投球。5回に代打・王柏融に右前適時打を浴びて1点を失ったものの、失点はこれだけ。6回途中3安打6奪三振1失点。トヨタ自動車時代の先輩・金子弌大との投げ合いを制して1勝目をあげた。2番手以降も岡田、福、ロドリゲス、マルティネスと繋いで逃げ切った。

 4回の攻撃では松井雅の本塁タッチアウトを巡り、与田監督はリクエストを行い、リプレー検証を実施。判定通りアウトとされると、ベンチを出て審判団に猛抗議した。捕手・清水のタッチプレーがコリジョンルールの対象ではないか、というものだったが、認められなかった。

 日本ハムは先発の金子弌大が4回6安打2失点で5敗目。5回に金子に代打を出して勝負をかけたものの、3番手の浦野が3点を失ったのが痛かった。打線も5安打に終わり、得点は代打・王柏融の適時打による1点のみ。ここ8試合で2勝6敗と急失速し、交流戦は8勝8敗1分の5割に戻った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」