野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • プホルスの感動的な凱旋再び…2回第1打席前に地元ファン総立ち

プホルスの感動的な凱旋再び…2回第1打席前に地元ファン総立ち

エンゼルスのアルバート・プホルス内野手は22日(日本時間23日)、敵地・カージナルス戦で「5番・一塁」でスタメン出場。2回の第1打席前は地元ファン総立ちのスタンディングオーベーションで迎えられた。打席では遊ゴロに倒れた。

セントルイスの声援に応えたエンゼルスのアルバート・プホルス【写真:Getty Images】
セントルイスの声援に応えたエンゼルスのアルバート・プホルス【写真:Getty Images】

8年ぶりに古巣の本拠地ブッシュ・スタジアムに凱旋した

■カージナルス – エンゼルス(日本時間23日・セントルイス)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手は22日(日本時間23日)、敵地・カージナルス戦で「5番・一塁」でスタメン出場。2回の第1打席前は地元ファン総立ちのスタンディングオーベーションで迎えられた。打席では遊ゴロに倒れた。

 前夜に続く大歓迎だった。プホルスの名前がコールされると、元同僚の名捕手、モリーナはマウンドの方に歩き、ホームプレートを振り返った。そして、打席に入るプホルスの姿をジッと見つめ、観客が拍手を送るための時間を作る。プホルスがヘルメットを取って歓声に応えると、お互いの肩を叩いて捕手の位置へ。感動的なシーンに地元ファンも大盛り上がりだった。

 プホルスは01年にカージナルスでメジャーデビューした。「打率3割、30本塁打、100打点」を10年連続で達成し、05、08、09年にMVPを受賞。2000年代の最強打者として06、11年のワールドシリーズ制覇に貢献した。12年からエンゼルスでプレーし、23日(同24日)までの3連戦は古巣の本拠地ブッシュ・スタジアムに8年ぶりに凱旋した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」