野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • あと数センチで顔面直撃…メッツ左腕の九死に一生劇を米称賛「忍者」「なんてこった」

あと数センチで顔面直撃…メッツ左腕の九死に一生劇を米称賛「忍者」「なんてこった」

あわや顔面直撃、わずか数センチの差で九死に一生を得たのはメッツのジェイソン・バルガス投手。21日(日本時間22日)に行われたカブス対メッツ戦。二盗を刺しにいった捕手からの“危険送球”を伝えたのはMLB公式サイト内の人気コーナー「Cut4」だった。

メッツのジェイソン・バルガス【写真:Getty Images】
メッツのジェイソン・バルガス【写真:Getty Images】

メッツのジェイソン・バルガスが捕手からの送球を間一髪で直撃回避

■メッツ 5-4 カブス(日本時間22日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 あわや顔面直撃、わずか数センチの差で九死に一生を得たのはメッツのジェイソン・バルガス投手。21日(日本時間22日)に行われたカブス対メッツ戦。二盗を刺しにいった捕手からの“危険送球”を伝えたのはMLB公式サイト内の人気コーナー「Cut4」だった。

 この日はダルビッシュがMLBタイ記録となる10試合連続勝敗なしの“珍記録”を作ったが、ダルビッシュと投げ合った左腕バルガスに危険が迫っていた。

 問題の場面はカブス攻撃の2回1死一塁。一走・バエスがスタートを切り、バルガスは投球と同時に三塁方向にしゃがみ込んだ。だが、二盗を阻止しようとした捕手ニドはバルガスの顔面付近へ送球。バルガスは抜群の反射神経で体を仰け反り“衝突”を回避。これにはニドも安堵の表情を見せ、バルガスもサムズアップでOKサインを送った。

 MLB「Cut4」公式インスタグラムは「現時点までで、ジェイソン・バルガスの人生が(走馬灯のように)目の前を駆け巡っていた」とコメントを添え動画を公開した。

「スタットキャスト速報はないの?」

「それ見たわ。可哀想な子ね」

「彼に直撃しなくてホッとしたよ」

「うわっ!」

「本当に危なかったね」

「バルガスは忍者だ」

「なんてこった。万事うまくいって良かったよ」

「その捕手はバルガスより速い球投げているね」

 あわや顔面直撃の“危険送球”にファンも驚きの声を上げていた。間一髪で逃げたバルガスには「忍者」と称賛の声が上がるほどだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」