野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ、交流戦負け越し 井口監督は打線の出来を嘆く「援護できなかった」

ロッテは23日、敵地でヤクルトと対戦。同点の6回、スクイズで勝ち越しを許すと、その後もリリーフ陣が失点を重ね、2-6で敗戦。交流戦負け越しとなった。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

先発ボルシンガーは5回2失点「もう一度チャンスを与えるつもり」

■ヤクルト 6-2 ロッテ(交流戦・23日・神宮)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは23日、敵地でヤクルトと対戦。同点の6回、スクイズで勝ち越しを許すと、その後もリリーフ陣が失点を重ね、2-6で敗戦。交流戦負け越しとなった。

 初回、レアードの犠飛で幸先良く先制したロッテ。しかしその後、ヤクルト先発・高橋奎二の前に、4度先頭打者が出塁しながら、6回の藤岡の犠飛で1点を奪ったのみ。井口監督も「高橋投手を攻略しきれなかった」と、唇と噛んだ。

 一方、先発のボルシンガーは5回2失点。試合後には「今日はゲームの入りから、自分の感覚として、調子は良かった」と振り返った。初回こそバレンティンに15号ソロを打たれたものの「その後は切り替えて粘り強く投げられた」。3回1死満塁のピンチでは、本塁打を打たれていた3番・バレンティンを高めの直球、11球団本塁打のかかっていた4番・村上はカーブでそれぞれ三振に切ってとるなど、4回まで1失点。5回に2死から制球を乱し、3四球と自らの暴投で1点を失ったものの、再び村上を決め球のナックルカーブで空振りに仕留め、最少失点で切り抜けた。

 来日最多となる9三振を奪ったボルシンガーについて井口監督は「悪くはなかった。状態はだんだん良くなってきているので、もう一度チャンスを与えるつもりです」と、次回も1軍での先発登板を予定している。

 指揮官が「打線が援護できなかった」と語ったように序盤の好機をものにできなかったロッテ。リリーフ陣が踏ん張りきれず、交流戦最終戦は黒星で負け越しとなってしまったが、最後の2カードは勝ち越した。つかの間の休息を取り、リーグ戦再開は28日、首位・楽天との3連戦から再びマウエ↑を目指しての戦いが始まる。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」