野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の手術後初ブルペン44球にトラウト「どうだ? 明日先発しろよ」

大谷翔平の手術後初ブルペン44球にトラウト「どうだ? 明日先発しろよ」

昨年10月初旬に右肘内側側副靭帯の再建術(トミー・ジョン手術)を受けたエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地のレッズ戦前に術後初めてブルペン入り。右肘を痛めた昨年9月2日(同3日)のアストロズ戦以来297日ぶりのブルペン投球では捕手を座らせて10球を投じるなど計44球を投げた。「気持ちよく投げられたなと思います。懐かしいなという感じはしました。久しぶりだなと」と充実した表情を浮かべた。

ブルペンでの投球を行ったエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】
ブルペンでの投球を行ったエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】

捕手を座らせて10球を投じるなど計44球「来季の開幕ローテを目指して」

■エンゼルス – レッズ(日本時間27日・アナハイム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年10月初旬に右肘内側側副靭帯の再建術(トミー・ジョン手術)を受けたエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地のレッズ戦前に術後初めてブルペン入り。右肘を痛めた昨年9月2日(同3日)のアストロズ戦以来297日ぶりのブルペン投球では捕手を座らせて10球を投じるなど計44球を投げた。「気持ちよく投げられたなと思います。懐かしいなという感じはしました。久しぶりだなと」と充実した表情を浮かべた。

 左翼付近でのキャッチボール後にブルペンに入った。力感は「50%ぐらい」というが、捕手を立たせて22球、座らせて10球、距離を縮めて12球と「予定通り」のメニューを消化した。「楽しかったです。キャッチボールもできない時期に比べたら、キャッチボールも楽しいですし、今日みたいにまた1段落上がって、ブルペンで投げるのも楽しい。ちょっとずつ上がっていくのはどの段落でも楽しいかなと思います」と振り返った。

 今後もキャッチボールと並行してブルペン投球を入れ、来季の投手復帰を目指していく。それでも、同僚のマイク・トラウト外野手は投手・大谷の復帰を待ちきれない様子だ。米メディアの取材中に、大谷へ「どうだ? 明日先発しろよ!」と声をかけていた。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」