ダルビッシュ、初回暴投で先制点献上、2回にはソロ被弾…先発10戦連続勝敗なし中

ブレーブス戦の先発マウンドに上がったカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
ブレーブス戦の先発マウンドに上がったカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

今季3勝目をかけて本拠地ブレーブス戦で先発した

■カブス – ブレーブス(日本時間27日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は26日(日本時間27日)、今季3勝目をかけて本拠地・ブレーブス戦で先発。初回、自らの暴投の間に先制点を許し、2回にはマッキャンに右越えソロを浴びた。

 初回、先頭のアクーニャJr.を四球で歩かせると、二盗と捕手・コントレラスの二塁送球エラーの間に三塁まで進まれた。1死後、フリーマンへの投球が暴投となり、先制を許した。2回1死からはマッキャンに右越え8号ソロを浴びた。

 ダルビッシュは前回21日(同22日)の本拠地メッツ戦で先発したが、6回4安打4失点で勝敗は付かず。先発10試合連続勝敗なしは1977年のランディ・ラーチ(フィリーズ)以来42年ぶり。MLBタイ記録となっていた。

 ブレーブスの先発はダラス・カイケルが移籍後初勝利をかけて、今季2度目の先発。15年に20勝を挙げてサイ・ヤング賞を受賞した左腕は昨オフにアストロズをFAとなり、6月上旬に年俸1300万ドル(約14億円)でブレーブスと1年契約を結んでいた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY