野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

交流戦人気はまだまだ続く? 9球団の平均観客動員数がシーズン全体を上回る

今季の交流戦の観客動員は、全108試合で335万9846人。1試合平均は3万1110人と好調だった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

今季の交流戦は前108試合で観客動員数は335万9846人、年々増加傾向に

 今季の交流戦の観客動員は、全108試合で335万9846人。1試合平均は3万1110人と好調だった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 交流戦の観客動員は、2017年が319万2763人(1試合平均2万9563人)、2018年が325万9618人(3万0182人)となっており年々増加している。DeNAの本拠地・横浜スタジアムなどが拡張によって増席したことも要因として大きいが、交流戦の人気が高まっていることも要因として考えられる。

○各球団の観客動員/平均観客数()内は交流戦を含めた2019年度の平均観客数。%は交流戦との差異

【セ・リーグ】190万8111人/3万5335人(3万4547人)+2.3%

巨人 40万2886人/4万4765人(4万3012人)+4.1%
阪神 38万7729人/4万3081人(4万3191人)-0.3%
中日 29万3114人/3万2568人(3万0904人)+5.4%
DeNA 28万8137人/3万2015人(3万1596人)+1.3%
広島 28万4060人/3万1562人(3万1062人)+1.6%
ヤクルト 25万2185人/2万8020人(2万6667人)+5.1%

【パ・リーグ】145万1735人/2万6884人(2万6523人)+1.4%

ソフトバンク 33万1231人/3万6803人(3万5915人)+2.5%
日本ハム 24万5989人/2万7332人(2万6744人)+2.2%
西武 24万5441人/2万7271人(2万5054人)+8.8%
楽天 22万1184人/2万4576人(2万5710人)-4.4%
オリックス 21万6367人/2万4041人(2万3662人)+1.6%
ロッテ 19万1523人/2万1280人(2万1508人)-1.1%

 NPB全体 335万9846人/3万1110人(3万0544人)+1.9%

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」