「NPBに追随すべき」2歳少女にファウル直撃、ネット拡大へ米記者が提言

ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】
ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】

「デンバーポスト」のニューマン記者とキズラ記者がネット拡大論争について私見

 打者が打ったファウルボールが少女を直撃する痛ましい事故が起きたMLB。その後もファンに打球が当たったというニュースが度々聞かれるようになり、米国内では防球ネットを拡大すべきという論議が広がっている。既にドジャースやホワイトソックスがネット拡大を発表するなど、その動きは広がりを見せている。

 ネット拡大に賛否両論ある中で、米メディア「デンバーポスト」は、カイル・ニューマン記者とマーク・キズラ記者によるネット拡大についての討論記事を掲載し、この問題を掘り下げている。「メジャーリーグの球場でネットを拡大する必要があるか?」とする読者の質問に答えるようにして、キズラ記者とニューマン記者は私見を述べている。

 キズラ記者が「メジャーリーグの球場でネットを拡大する必要があるのでしょうか? それとも、フィールドに近い席のチケットを購入したファンが観戦の危険性についてもっと責任を持つべきなのでしょうか?」と疑問を投げかけると、ニューマン記者はこう語っている。

「私は断固としてネット反対派でした。世界最高の選手たちを近くで見るためにフィールドに近い高額なチケット代を支払った本物のファンたちが最大限に楽しめないと思っていました。しかし、球速が劇的に速くなり、平均打球速度も上がっています。そして、危ないのは携帯電話に夢中な人たちだけではありません。スコアをつけているおばあさん、反応の遅いグラブをつけたお父さん、そして子供たちにも当たる可能性があります」

 元来はネット拡大反対派だったというニューマン記者だが、昨今の選手のレベルの向上、そして人々を取り巻く環境の変化により、スタンドでの危険度は増していると指摘している。

ファンの姿にも疑問「多くのファンがプレーを見るのではなく、携帯電話を見ているのか不思議」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY