野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA、3番ロペスが入った新打線が大爆発! 2発筒香は「本当にいい準備ができた」

DeNAの新打線が機能し、今季最多の17安打13得点で広島に圧勝した。交流戦最終戦から2番に入ったソトから、3番には5月5日以来となるロペスを起用。ロペスと4番・筒香が2本塁打し、ソトは決勝3ランと今季チーム最多の1試合5本塁打を記録し、ラミレス監督は「3本ぐらいは出るかなとも思ったが、5本も出るとは予想できなかった」と驚いた様子だった。

DeNAのホセ・ロペス【写真:荒川祐史】
DeNAのホセ・ロペス【写真:荒川祐史】

ラミレス監督も絶賛「ラインアップを変えて結果が出るのは嬉しいこと」

■DeNA 13-3 広島(28日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAの新打線が機能し、今季最多の17安打13得点で広島に圧勝した。交流戦最終戦から2番に入ったソトから、3番には5月5日以来となるロペスを起用。ロペスと4番・筒香が2本塁打し、ソトは決勝3ランと今季チーム最多の1試合5本塁打を記録し、ラミレス監督は「3本ぐらいは出るかなとも思ったが、5本も出るとは予想できなかった」と驚いた様子だった。

 4回の15号同点2ランに続き、7回にはロペスと2者連続となる16号ソロを放った筒香は「いいスイングができた。(交流戦後)4日間空いて、本当にいい準備ができた」と5月29日以来となる猛打賞を喜んだ。先制の14号ソロを含む2本塁打のロペスは「2本とも完璧な当たりだった」と、いずれもあわや場外弾という一発を自画自賛し、「4日間、試合がなくて、ゆっくり休めた」と笑顔を見せた。

 オーダー変更が最高の形で結果につながり、ラミレス監督は「どの監督もそうだと思うが、ラインアップを変えて結果が出るのは嬉しいこと。ロペスは久しぶりの3番で結果が出てよかった」と満足そうで「主力には2日間の休みを与えて、その結果が出たかな」と、こちらも休養効果を強調した。

「大瀬良というセ・リーグでもベストに入る投手相手に、こういう展開は予想していなかった」と喜んだ指揮官。エース対決となった初戦に先勝し、このままの勢いで同一カード3連勝となれば、チームは当面の目標とした勝率5割に早くも到達することになる。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」