オリ西村監督、11Kプロ初完封の山本べた褒め 「素晴らしいピッチング」

オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】
オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】

スタメンを外れた吉田正には「腰のハリがちょっと強かったので」

■オリックス 4-0 西武(28日・メットライフ)

 オリックスが28日の西武戦(メットライフドーム)に4-0で勝利し今季初の5連勝。先発の山本が5安打11奪三振でプロ初完封の4勝目を挙げた。

 西村監督はプロ初完封の先発山本について「素晴らしいピッチングでした」と絶賛。打線は初回に1点を先制したものの、西武先発・今井の前に追加点を奪うことができずにいたが、9回に後藤の3ランが飛び出し試合を決めた。

 値千金の勝ち越し弾に指揮官も「スコアリングポジションに進めながらもなかなか点が取れずにいた。駿太(後藤)のホームランで由伸もだいぶラクになったんじゃないでしょうか」と目を細めた。

 また、今季初めてスタメンを外れた吉田正について西村監督は「腰のハリがちょっと強かったので、本人と話をして今日はやめておこうということになりました」と説明。「明日、状況を確認してどうするか決めたい」と話した。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

RECOMMEND

CATEGORY