野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム栗山監督、積極采配も4連敗 「しっかり受け止めて、明日からやります」

日本ハムは28日、本拠地でソフトバンクに5-7で敗れ4連敗を喫した。首位ホークスとのゲーム差は「4」に広がった。

日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】

入団会見を行った宇佐見を即登録で途中出場させるなど積極的に動くも…

■ソフトバンク 7-5 日本ハム(28日・札幌ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは28日、本拠地でソフトバンクに5-7で敗れ4連敗を喫した。首位ホークスとのゲーム差は「4」に広がった。

 エース対決で先に失点したのは日本ハムの有原航平投手だった。初回1死から明石の左翼線二塁打とグラシアルの右前打で先制される。一方、ソフトバンクの先発・千賀の攻略に苦戦していた打線は2四球で得た4回2死一、二塁の場面で、石川亮捕手が初球151キロ直球を中前に弾き返して試合を振り出しに戻した。

 だが、ハーラーダービートップの8勝を挙げている有原が同点に追いついた直後の5回に再び勝ち越しを許す。福田と明石の連続長打で2点目を失うと、6回には2死から甲斐に右越えソロを浴びた。

 1点を追う7回、栗山英樹監督はセットアッパーの宮西尚生投手を投入した。1死後に2番の明石に内野安打を許し、クリーンアップを迎えた場面で3番手の堀にスイッチ。堀はグラシアルに四球を与えた後に3連打と犠飛を許し、この回3点を失った。

 6点を追う厳しい展開の中で、打線は最終回に驚異の粘りを見せた。1死から石井一成内野手の中前打を皮切りに四球を挟んで4連打と犠飛で4点を返して猛追。ただ、反撃もここまでだった。

 この日入団会見を行った宇佐見真吾捕手をすぐに登録して途中出場させるなど積極的に動いた栗山監督は試合後に「(敗戦を)しっかり受け止めて、明日からやります」と悔しさをにじませた。6回6安打3失点の有原については「何とかしようと投げてくれている中で、点を取ってあげたかった」と評価し、7回の継投については「最初から決まっていたこと」と振り返った。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」