大谷翔平、鮮やか2年連続2桁10号2ランに名物実況驚愕 「尋常ではないほど強い手、手首」

2年連続2桁本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
2年連続2桁本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

第2打席で2年連続の2桁、10号2ランを左中間スタンドに叩き込んだ大谷

■エンゼルス 8-3 アスレチックス(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場し、第2打席で今季10号本塁打を放った。地元ロサンゼルスの中継局「FOXスポーツ・ウエスト」の名物実況、ビクター・ロハス氏は内角球を左中間スタンドへ放り込んだ大谷の技あり弾を絶賛した。

 厳しいコースにも巧みなバットコントロールと力で二桁アーチを描いた。1点リードで迎えた3回1死一塁で迎えた第2打席。1ボール1ストライクからの3球目、内角低めの難しいボールを鮮やかに弾き返した。

 名物実況のロハス氏は「ビッグフライ、オオタニサン!」の名台詞を絶叫。そして大谷の10号2ランを分析した。

「似たようなスイングを昨日の左翼への安打の際に見せてくれましたが、あの球は更に内角への球でした。(その投球に対して)あのような打球を放つとは、尋常ではないほど強い手、手首の力ですね」

 名台詞と共に逆方向への豪快弾を分析したロハス氏。大谷の凄さを改めて感じていたようだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY